TOP > Web会議用語集一覧 > Linux

Web会議用語集

  Linux

Linux

UNIX互換のOSのことで、1991年、フィンランド・ヘルシンキ大学の大学院生であったLinus Torvalds氏によって開発されたもの。主に学術機関を中心として広く普及し、企業のインターネットサーバとしても採用されていることも多い。また携帯電話やデジタル家電などの組み込み機器のOSとしても用いられている。
他のOSに比べ、低い性能のコンピュータでも軽快に動作するという特徴や、ネットワーク機能やセキュリティーに優れ、また非常に安定しているといった特徴をもっており、いらない機能は削ぎ落とし、必要な機能だけを選んでOSを再構築することができるという点も他の多くのOSには見られない点である。
またLinuxは0から書き起こされたOSで、GPLというライセンスに基づき、改変・追加した部分は無償で公開するという条件で、誰でも自由に改変・再配布することができる体系となっている。これにより開発当初はIntel社のx86系マイクロプロセッサを搭載したコンピュータでしか動作しなかったものが、多くのプログラマによって、Alpha、SPARC、PowerPCなどのプラットフォームに移植され、動作可能となった。
もともとはカーネル(kernel)と呼ばれるOSの核となる部分のみを「Linux」と呼んでいたが、Linuxカーネル上で動作するシステム全体を指す言葉としても多く用いられている。通常コマンドやインストーラ、ユーティリティなど、システムの構築・運用に必要なソフトウェア群とともに配布されるが、カーネルとこれらのソフトウェアをまとめた配布パッケージはディストリビューション(distribution)と呼ばれる。



web会議用語集一覧へ戻る⇒





その他のweb会議用語