TOP > Web会議用語集一覧 > CIF(Common Intermediate Format)

Web会議用語集

  CIF(Common Intermediate Format)

CIF(Common Intermediate Format)

国際電気通信連合(ITU)が定めた、映像信号フォーマットの標準の一つで、国や地域によってテレビの映像信号はその方式が異なるが、異なる方式間でもテレビ電話などによる通信を可能にするために、共通の中間形式として策定された。352×288画素、毎秒30フレームの映像に対応しており、主にテレビ電話などの低ビットレートでのコミュニケーション用途として想定されている。具体的にはITUの定める映像符号化標準のH.261やH.263、テレビ会議システム標準のH.320やH.323などで用いられている。 また派生規格としては、画素数を縦横それぞれを2倍した4CIF、4倍した16CIF、2分の1にしたQCIF(Quarter CIF)、さらに小さい規格のSub-QCIFなどがあげられる。



web会議用語集一覧へ戻る⇒





その他のweb会議用語