オンラインイベント・ウェビナーの効果とは?

オンラインでイベントやセミナーを開催する効果や、
オフライン(会場開催型)イベントとの違いもわかりやすく紹介します。

2020年に新型コロナウイルスが流行したことで、ひとつの場所に大勢の人を集めて開催するイベントの開催が難しくなりました。展示会、セミナー、研修、株主総会、会社説明会などの多くのイベントで開催形式の変更が求められ、Web上で映像と音声を配信する「オンラインイベント」の活用が一気に広がりました。いまや、「ウェビナー」や「Webセミナー」、「オンライン展示会」、 「オンライン株主総会」などという言葉を毎日さまざまな場所で目にし、実際に参加したり、主催したりする人が急激に増えています。

では、実際にひとつの場所に集まらないこと以外に、オフライン(会場開催型)のイベントやセミナーと何が違うのでしょうか?また、オンライン化による効果にはどのようなものがあるのかご紹介します。

オンラインイベントの主なメリット

リーチ拡大

地理的に離れていても、オンライン上で接点をもてるため、商圏の拡大や、より多くの人に対してメッセージの発信が行えます。また、移動する必要がないので気軽に参加でき、オンデマンド配信であれば時間を問わずに視聴することが可能です。よって、参加人数だけでなく、参加者層も拡大できるというメリットがあります。

コスト削減

会場の費用、スタッフの人件費や交通費、配布する資料のコピー代など、様々なコストを削減することができます。よりコスト削減が求められるいま、オンラインでイベントを開催することは大きなメリットにつながります。

生産性向上

オフライン(会場開催型)イベントに比べ、圧倒的に開催・運営にかかる時間を短縮できます。その分の時間を他の業務に費やすことができたり、より多くのイベントを開催できるので、生産性を向上することができます。また、録画をすればコンテンツとして二次活用できるので便利です。

データ活用

オフライン(会場開催型)イベントでは、参加者の名刺やアンケート用紙を集め、開催後にデータ入力するという作業が発生します。しかし、オンラインイベントであれば、参加者データやアンケート回答がすべてデータで取得できます。また、利用するツールによっては参加者の行動ログが詳細に撮れたり、CRM/MAと連携が可能なものがあります。これらのデータを活用することで、より効果を上げることができます。

【保存版】ウェビナーとは?メリットやツールの選び方・成功のコツを紹介!
オンラインイベントとは? オンラインイベント開催未経験者向けに、背景と活用シーンをご紹介

この他にも、オンラインイベント・ウェビナーのさまざまなメリットや活用法など、役立つ情報をご紹介していますので、ぜひご覧ください。

PGiのオンラインイベント・ウェビナー向けサービス「GlobalMeetウェブキャスト」では、上記のメリットに加え、ブランディングやユーザーエクスペリエンスの向上など、さまざまな効果をもたらすことができます。こんなことができないか?などお気軽にご相談ください。

 

オンラインコミュニケーションに役立つ資料を無料で公開中!

Contact お気軽に
お問い合わせください

For More Details PGiの魅力がすぐにわかる

pagetop