TOP > Web会議コラム一覧 > セミナーや研修などのウェビナーが実施できるWeb会議シス

Web会議コラム

Web会議コラムセミナーや研修などのウェビナーが実施できるWeb会議システムツールの料金と特徴

 

新型コロナウイルス下ではウェビナーの需要が急速に広がっています。

営業研修、社員研修(資格取得支援)、販売店・代理店向け営業研修、見込み顧客向けセミナーなど、企業では開催すべきセミナーが多くあります。
新型コロナウイルス下ではこのようなセミナーをインターネット上で行うウェビナーで実施することが求められています。

ウェビナーのツールを選ぶ際は、ウェビナーを実施する目的を考え、自社に合ったツールを選ぶことが重要です。

本記事では、各ウェビナーツールの料金や、最大接続数、特徴をご紹介します。


Zoom ウェビナー

料金 Zoom ミーティング プロプラン料金+Zoom ウェビナー (5,400円)/ 100回線
最大接続数 通常100人〜10,000人まで(オプション)

参加者が使える機能にQ&A機能や投票機能、「手を上げる」機能があるので、参加者と十分にコミュニケーションをとることができます。

オンデマンド型ウェビナーでは、録画スクリプトと自動生成スクリプトが備わっています。
視聴者からの要求に応じて個人個人に動画を配信できるので、説明動画を配信するのにも最適です。

Facebook Live、YouTube Liveとのインテグレーションにより、ライブストリームができます。
いったんダウンロードしてから再生する必要がなく、テレビの生放送のように配信することが可能です。

Zoomは主要なCRM(型顧客管理ツール)とも連携しています。

Webex Events

料金 問い合わせ
最大接続数 最大 3000 名(ストリーミング配信であれば 4 万人)

参加者が使える機能にQ&A機能や投票機能、チャット機能があるので、参加者と十分にコミュニケーションをとることができます。

メールで招待し、リマインダを自動送信できるので、参加率を向上させることにつながります。

イベント開始前にウェビナーの練習ができる仮想プライベートルームもあります。
ウェビナーの運営が成功するか不安がある場合に、リハーサルを行い万全な体制でウェビナーの本番に臨むことができます。

イベント中に主催者はツールを使い参加者の注目度をモニタリングすることが可能です。

イベント終了後は、イベントのリンクを参加者に転送することができ、参加者の情報をCRM(型顧客管理ツール)にアップロードすることが可能です。

このように豊富なツールを使いイベントを最初から最後まで管理できます。

V-CUBE セミナー

料金 問い合わせ
最大接続数 最大10,000拠点(台)のPCに対して配信可能

チャット機能やアンケート機能があるので、ライブ配信時には主催者と参加者で密なコミュニケーションができます。

過去に配信したコンテンツはオンデマンドで配信できるので、視聴者一人一人に求めている動画を提供することが可能です。

ブラウザで視聴できるので、視聴者はアプリケーションをインストールする必要がなく、気軽にウェビナーに参加することができます。

ライブ配信した動画はオンデマンドで配信することが可能です。
一度配信したセミナーを繰り返し使うことができるので、視聴者を限定せず多くの方に配信することができます。

コクリポセミナー

料金 エンタープライズプラン初期費用30,000円、月額70,000円
最大接続数 ビジネスプラン:100人まで、エンタープライズプラン:300人まで

コクリポセミナーは日本の会社が提供しているウェビナーサービスで、「シンプルで使いやすい」ことを売りにしています。

主催者も参加者も専用ソフトをインストールする必要がありません。
主催者はGoogle Chromeブラウザでウェビナーを配信できます(Google Chrome以外のブラウザからの配信はできません)。

参加者は、パソコンの他、スマートフォン、タブレットなど多くのデバイスでウェビナーの視聴ができます。

一カ月の利用時間が設けられていて、ビジネスプランで10時間、エンタープライズプランで20時間とされています。
また一回10時間まで利用可能とされていますが、追加料金で時間を延長することができます。
ワンタッチで録画できる簡単録画機能もあります。

GlobalMeet ウェブキャスト

料金 スタータープラン月額 77,000円、プレミアムプラン月額166,490円~、マネージドプラン(サポート付き単発プラン)は問い合わせ
最大接続数 スタータープランは最大500人まで、プレミアムプランはプランごとに500~3,000人まで、マネージドプランは最大10,000人

参加者の視聴の他、配信側の音声やWebカメラ映像の配信まで、ブラウザだけで完結できます。

高度なセキュリティ設定が可能なので、企業が安心してウェビナーを実施することができます。
録画したコンテンツをオンデマンド配信することが可能なので、一度ライブで実施したウェビナーを再利用して配信できます。

Webカメラ映像とVoIP(インターネット音声)を同時に配信できます。また、より安定した音声接続を希望する場合は、電話音声で配信することもできます。

参加者へのアンケート機能や、Q&A機能もあるので、参加者と密な交流ができ、ウェビナーの効果を高め、ROI改善に役立ちます。

まとめ

 

企業では開催すべきセミナーが多くありますが、新型コロナウイルス下ではセミナーをインターネット上で開催するウェビナーで実施することが求められています。

ウェビナーツールを選ぶ際は、どのような場面で利用するのかウェビナーを実施する目的を考え、最適なツールを選ぶことが大切です。

企業に導入するウェビナーツールを選ぶ際は、価格の安さだけでなく、自社のニーズを十分に満たせるツールを選ぶことを奨励します。

「GlobalMeet ウェブキャスト」は簡単にウェビナーの配信が行え、参加者側もインストール不要で簡単に操作できるので多くの参加者に視聴してもらえる効果が期待できます。
また高度なセキュリティ対策機能があるので、企業で安全にウェビナーを実施するのに最適です。

⇒「GlobalMeetウェブキャスト」の詳細はこちら
気になる方はこちらから資料請求できるので、お気軽にお問合せください。

ありがち“トラブル”から見えてくるウェビナーツール選びの条件

ありがち“トラブル”から見えてくるウェビナーツール選びの条件

おすすめホワイトペーパー
ありがち“トラブル”から見えてくるウェビナーツール選びの条件」の内容

■ ウェビナーの本質を考えた時、極力避けたい“残念な事態”とは

■ ストリーミング系ベースのウェビナーなら、しっかり管理できて安心

■ 自分たちでできるか不安…という企業はサポート付きスポット契約型を



まずはお気軽にご相談ください
 

お問い合わせはこちら

おすすめホワイトペーパーは
こちらからダウンロードいただけます

ホワイトペーパーの
ダウンロードはこちら

その他のWeb会議・電話会議お役立ちコラムその他のWeb会議・電話会議お役立ちコラム