TOP > Web会議コラム一覧 > 初めてのウェビナー(オンラインセミナー)|成功のコツ・効

Web会議コラム

Web会議コラム初めてのウェビナー(オンラインセミナー)|成功のコツ・効果的なやり方とは?

 

コロナウイルスの影響により、オンラインで感染を防ぎながら開催できるウェビナー(オンラインセミナー)が増加しています。

ウェビナーはわざわざ開催場所へ行く必要がなくどこからでも参加できるため、様々な人が参加しやすいこともメリットです。

しかしウェビナー(オンラインセミナー)にまだ不慣れな人も多くいるかと思います。
そこで、この記事ではウェビナー(オンラインセミナー)のメリットからウェビナーのやり方までご紹介しますのでぜひ参考にしてみてください。

ウェビナーを開催するメリット

オンラインで行うセミナー、ウェビナーを開催することにはどのようなメリットがあるのかご紹介します。

場所を選ばず開催・参加できる

オンラインでセミナーを行うウェビナーは、場所を選ばず開催できます。
参加者はわざわざ会場へ行かなくても、パソコンやスマホ、タブレットとインターネット回線があればその場からウェビナーに参加可能です。
参加者にとって利便性が高いため、より多くの参加者を集めることができます。

オンラインなので発信する人数が制限されにくい

ウェビナーはオンラインで行うため、会場で行うセミナーに比べて参加人数の制限を受けにくく、より多くの参加者に向けてコミュニケーションが可能です。
会場で開催するセミナーでは会場の大きさによってどうしても参加できる人数に制限がありました。
ウェビナーはツールによって参加可能な人数は異なりますが、10,000人規模の大規模なウェビナーを開催することもできます。

会場の予約やコストが必要ない、オフラインに比べて工数を減らせる

ウェビナーは会場の予約が必要なく、最小限のコストで開催できます。
わざわざ広い会場を予約しなくて済み、社内の会議室等から配信が可能です。

会場で開催するオフラインのセミナーでは、会場の手配、スタッフの手配、配布資料の準備などやるべきことが多いですが、オンラインで行うウェビナーであれば工数を減らして手軽に開催できます。

日本国内だけでなく、海外からも参加できる

ウェビナーはオンラインで行うため日本全国から参加でき、海外から参加することも可能です。

商品PRなどでは、リーチできる参加者が増え、これまでなかなかコミュニケーションがとれなかったターゲットを顧客に取り込むチャンスが生まれます。

映像・音声などを交えることで、より効果的に情報を発信できる

ウェビナーでは映像・音声などを交えて発信できるため、視聴者により効果的に情報を伝えることができます。
例えば商品紹介では、テキストだけで伝える場合と異なり、音や映像を使って商品の魅力をはっきり伝えることが可能です。
また、アンケートやQ&A機能の備わったウェビナーツールもあり、視聴者とインタラクティブな交流を行うこともできます。

ウェビナーを初めて開催する上でのよくある悩み

 

ウェビナーを初めて開催する上で多い悩みについてお答えしていきます。

ウェビナーツールは無料のもので十分か?

ウェビナーツールは無料のツールでも趣味など小規模のものであれば十分開催が可能ですが、ビジネスでの利用となると不十分です。

無料のウェビナーツールは「少人数しか参加できない」「画質や音質が悪い」など満足できない点もあります。

これに対して有料のウェビナーツールであれば「大人数が参加できる」「画質や音質が高品質」と質が良く、ビジネスに最適です。

また、無料のウェビナーツールはサポートが不十分である点にも要注意です。
ウェビナー配信でトラブルが発生した場合、無料のウェビナーツールではサポートが受けられなかったり、解決に時間がかかったりすることもあるでしょう。

これに対して有料のウェビナーツールは充実したサポート体制があります。
「電話で問合せることができる」「必要な機材をレンタルできる」「回線のバックアップを用意できる」などサポートが充実していて安心です。

「ウェビナーツールは無料のもので十分なのか」気になる方は、こちらの記事で詳しく解説していますので、ぜひご覧ください。

会場で行っていた以前のセミナーと全く同じコンテンツでいいのか?

オフラインで行っていた以前のセミナーと全く同じコンテンツでいいのかどうかは、そのコンテンツや参加者の反応によって異なります。
以前のセミナーと全く同じコンテンツであっても、参加者の反応が良ければそのまま利用できることもありますので、参加者の反応を確認して判断しましょう。

しかし参加者の反応がわからないまま同じコンテンツを配信すると、温度差が生まれてしまう可能性があります。

ウェビナーには、その場で参加者の反応を得やすいというメリットがありますので、開催時にチャット・アンケート機能を用いて参加者の反応を確認すると良いでしょう。その結果から、さらに良いウェビナーに改善することができるためおすすめです。

ウェビナーを成功に導くヒントについて知りたい方は、E-Book「初めてのウェビナーを成功させる5つの秘訣」をぜひダウンロードください。

ウェビナー開催の流れ

次に、ウェビナーを開催する際の流れについてご説明します。

1. ターゲットの選定・コンテンツの準備・日程の確定

ウェビナーに参加してほしいターゲット層を選定します。

コンテンツは見込み顧客であるターゲット層が求める内容にしましょう。また、参加しやすさを重視するのであれば、まずは短めのウェビナーを開催するなど、ウェビナーの目的や参加者の興味関心度合いにあった内容にすると良いでしょう。

2. 機材・環境・ツールの選定と準備

機材の準備をします。
「接続できない、接続が不安定」などのトラブルが発生することがあるため、事前に当日と同じ接続環境でリハーサルを行いましょう。

ウェビナー開催中にノイズが入らない場所と時間を確保しましょう。
場所は社内の会議室などで問題ありません。
接続が途切れることのないように、安定したインターネット環境も用意します。

また、ウェビナーツールを選ぶ際は「手軽にアクセスできるか」「映像や音声の途切れがないか」「セキュリティ面は安全か」「事後フォローがしやすいように、レポート機能が充実しているか」なども考慮して選ぶと良いでしょう。

ウェビナーでよくあるトラブルを避けるためのツールの選びのポイントについて知りたい方は、関連記事「利用急増で話題のウェビナー!失敗しないツール選び」もご覧ください。

3. 告知・集客

参加者を増やすために告知と集客が必要です。

まずはウェビナーの案内ページを作り、受付フォームを作ります。

作った案内ページを、SNSで紹介したり、 見込み顧客にメールでお知らせしたりしましょう。

ウェビナーを開催する当日が近づいたら、参加者にメールでお知らせします。
1週間前・3日前・当日と、数回に分けて送りましょう。

4. 配信

当日はスケジュールに沿ってウェビナーを進めていきましょう。
チャット・アンケート機能を使ってリアルタイムに質問を受け付け、質問に答えながら進めると、臨場感のあるウェビナーになります。

5. アンケートや録画コンテンツの送信などのアフターフォロー

ウェビナーを終えた後のアフターフォローも大切です。
開催後に参加者へお礼メールとともにアンケートを送りましょう。

また、ウェビナー開催後に、録画したコンテンツを活用すると良いでしょう。
参加できなかった人に対して、メールで録画したコンテンツを案内したり、ホームページ等で録画コンテンツを掲載するなどして活用しましょう。

初めてのウェビナーを成功させる5つの秘訣

ウェビナーには「場所を選ばず開催できる」「気軽に参加できる」など、オンラインならではのメリットがあります。

ウェビナーを開催する際は、ターゲット層の選定からアフターフォローまでもれなく行いましょう。

「初めてウェビナーを開催することになったものの、何から手をつけてよいか分からない」
― そんな風にお悩みの方も多いのではないでしょうか。

関連E-Book「初めてのウェビナーを成功させる5つの秘訣」では、「ウェビナー開催のメリット」から「ウェビナーを開催するまでの手順」「ツール選びの基準」「成功させる秘訣」など、ウェビナーを開催する際に必要なポイントをまとめてご紹介していますので、ぜひ参考になさってください。

「初めてのウェビナーを成功させる5つの秘訣」の内容

おすすめE-Book
「初めてのウェビナーを成功させる5つの秘訣」の内容

■そもそも「ウェビナー」とは︖
■オンラインでセミナーを開催するメリットとは︖
■ウェビナー開催の流れ
■初めてのウェビナーを成功させる5 つの秘訣


まずはお気軽にご相談ください
 

お問い合わせはこちら

おすすめホワイトペーパーは
こちらからダウンロードいただけます

ホワイトペーパーの
ダウンロードはこちら

その他のWeb会議・電話会議お役立ちコラムその他のWeb会議・電話会議お役立ちコラム