TOP > Web会議コラム一覧 > 利用急増で話題のウェビナー!失敗しないツール選び

Web会議コラム

Web会議コラム利用急増で話題のウェビナー!失敗しないツール選び

最近ではコロナウイルス感染症対策やコスト削減などを目的として、多くの企業においてウェビナーが高い頻度で利用されています。

これまで会場に人を集めて対面式でセミナーやイベントを行ってきた企業は、これからの時代はウェビナーのように新型コロナウイルスなどへの感染の心配がない安全な開催形式が求められます。
また、ウェビナーは安全面だけでなく、リード獲得やリードナーチャリングにも効果的で、マーケティングや販売促進の担当者からも注目されています。

しかしこれまでウェビナーを実施したことがない企業にとっては、導入のハードルが高く「何から手をつけて良いかわからない」という声も多く聞かれます。

そこで、この記事ではウェビナーでよく起こるトラブルや課題、ツールを選ぶ時に注目すべきポイントをご紹介します。

ウェビナーとは?

「ウェビナー」とは「ウェブ」で行われる「セミナー」のことで、インターネット上で行うセミナーです。
「ウェブセミナー」や「オンラインセミナー」などと呼ばれることもあります。
インターネット上で開催されるため、場所を問わずどこにいても参加でき、自宅からでも参加・視聴できるセミナーです。

ウェビナーは会場まで足を運ばなくても気軽に参加できるため、多くの集客が期待できます。
また、会場に人が集まって開催される通常のセミナーに比べて、施設の利用料や人件費といったコストを抑えられるというメリットもあります。

一方で、インターネット上で開催するため「音声が途切れる」「映像がかたまる」といった通信トラブルのリスクがあります。
通常のセミナーと開催方法が大きく異なるウェビナーは、準備や開催に慣れが必要です。そのためウェビナーを開催したことがない企業にとっては実施に不安を感じることもあると思います。

また、最近では様々なウェビナーツールが出てきていますが、自社にはどのようなツールが合っているのかわからないという人もいるのではないでしょうか。
今回は、自社に最適なウェビナーツールを選ぶためには、具体的にどのような点に気をつけて選べば良いのかご紹介していきます。

ウェビナーでよくあるトラブルを避けるための、ツールの選びのポイント

●安定性

ウェビナーツールを選ぶ上で気をつけたいポイントの1つが通信の安定性です。

ウェビナーでは通信が安定しないというトラブルが多く、ありがちなトラブルには「通信トラブルでプレゼンターの声が聞こえない」「音質が悪く、声が途切れて聞き取れない」といった例があります。

せっかく集客できても、通信トラブルのせいでセミナーが思うように進行できなければ、効果を十分に発揮できず、参加者にも悪い印象を与えてしまいます。

そこでおすすめなのが「ストリーミング」の技術をベースとしたツールです。

よくあるウェビナーツールはウェブ会議の技術をベースとしているため、映像や音声が途切れたり遅れてしまうことが多いのです。

これに対して、ストリーミング系のツールは通信が圧倒的に安定していて、映像や音声が途切れたりすることなくスムーズに視聴できます。

ウェブ会議ベースのウェビナーツールとストリーミング系ウェビナーツールの違いや、ストリーミング系ウェビナーツールのメリットについては、関連ホワイトペーパー「ありがち“トラブル”から見えてくるウェビナーツール選びの条件」で詳しくご紹介しています。

●使いやすさ

ウェビナーツールを選ぶ上で気をつけたいポイントの2つ目は使いやすさや機能です。

参加者にとってウェビナーツールが使いやすいことは大前提です。
よくあるウェビナーツールの中には、参加するためにアプリのダウンロードが必要だったり、使い方が難しかったり、接続できるデバイスが限られているなど、参加者にとって不便なケースがあります。これらの問題は集客に影響するだけでなく、せっかく参加してもらっても途中で離脱してしまうなどの問題が発生してしまいます。

その点、インストール不要でマルチデバイス対応のウェビナーツールであれば、パソコンやタブレット、スマホなど端末を選ばずに手軽に参加でき、参加率アップや離脱防止効果が期待できるでしょう。

主催者にとっても、簡単にウェビナーを作成・設定しスムーズに運営する上で、ウェビナーツールの使いやすさは重要になります。
せっかくウェビナーツールを導入したのに「使い方が難しくて使いこなせない」という残念な事態は避けたいところです。
わかりやすいインターフェースで、初心者でも簡単に使いこなせるツールであれば、ウェビナーツールを初めて導入するという場合も安心です。

●機能・カスタマイズ対応

どのような機能が備わっているのかも要チェックです。
とくにセキュリティ、ブランディング、レポート機能は重要なので、十分な機能であるかしっかり確認しておきましょう。

例えば自社の従業員を対象にした社長訓示や新人研修、外部向けのセミナーで参加者を限定したい場合等の場合、しっかりとしたセキュリティ機能があると安心です。無料のウェビナーツールではセキュリティ面が懸念されますし、セミナーの最中に自社と関係のない広告が流れたりすることもあるため、自社のブランド価値を損ねるリスクがあります。そのようなトラブルを避けるためにも、セキュリティ機能のしっかりした有料のウェビナーツールを選ぶと良いでしょう。
さらに、参加登録ページや視聴画面を自社ブランドに合わせてカスタマイズできるツールなら、より効果的なウェビナーの実施が可能です。

また、レポート機能でどのようなデータを取得できるのかもチェックしましょう。
ウェビナーの利点の一つは、インターネット上で開催することで参加者のデータを詳細に入手できるという点です。
参加者の登録データだけでなく、ウェビナー中に行ったアンケートデータも簡単に取得できるか、リアルタイムでのデータ取得は可能か、レポート機能は使いやすいかなどチェックしましょう。

その他にも注意したいポイントや、あると便利な機能については、関連ホワイトペーパー「ありがち“トラブル”から見えてくるウェビナーツール選びの条件」で詳しくご紹介しています。

●料金・サポート体制

無料版のウェビナーツールではサポートを受けられない場合があるので、注意が必要です。
特に、初めてウェビナーを行う企業にとって不安はつきものです。
ウェビナを実施するのが初めてという場合は、単発契約ができて、設定代行等のサポート付きプランがあるツールを選ぶと安心です。

そして、ウェビナーの実施に慣れてきたら、ライセンスタイプのツールを検討することをおすすめします。
ライセンスタイプではツール導入の費用対効果も上がり、ウェビナーコンテンツも蓄積できるため、より効率的・効果的にウェビナーを行えるようになります。

まとめ

今回ご紹介した内容を考慮して、自社に合ったツールを導入することが大切です。
「ウェビナーに興味はあるけれど仕組みや運用方法が良くわからない」
「自社がやりたいことが実現できるのか知りたい」
などウェビナーについて不安な点があれば、豊富な実績を持つエキスパートのPGiにご相談ください。

関連ホワイトペーパー「ありがち“トラブル”から見えてくるウェビナーツール選びの条件」では、ウェビナーにありがちなトラブルを踏まえつつ、最適なウェビナーツールを選ぶ方法をご紹介しています。

ありがち“トラブル”から見えてくるウェビナーツール選びの条件

ありがち“トラブル”から見えてくるウェビナーツール選びの条件

おすすめホワイトペーパー
ありがち“トラブル”から見えてくるウェビナーツール選びの条件」の内容

■ ウェビナーの本質を考えた時、極力避けたい“残念な事態”とは

■ ストリーミング系ベースのウェビナーなら、しっかり管理できて安心

■ 自分たちでできるか不安…という企業はサポート付きスポット契約型を


また、実際にウェビナーを実施する際にやってしまいがちな失敗と解決策について、関連コラム「ウェビナーでやりがちな5つの失敗 ~ その解決策とは? ~」でご紹介しているので、ウェビナーを開催する前にぜひチェックしてみてください。

⇒「ウェビナーでやりがちな5つの失敗 ~その解決策とは? Vol.1~5」 の記事をまとめて読めるホワイトペーパー

この記事では、ウェビナーでよくあるトラブルや課題、ツールを選ぶ時に注目すべきポイントをご紹介しました。ご紹介したトラブルや課題を解決するためにおすすめなウェビナーツールに、「GlobalMeetウェブキャスト」があります。「GlobalMeetウェブキャスト」では、実際に利用されたお客様からも通信の安定性や便利な機能、サポート体制等にご満足いただいております。 初心者でも使いやすいツールとなっているので、ぜひご検討ください。

⇒「GlobalMeetウェブキャスト」の詳細はこちら


まずはお気軽にご相談ください
 

お問い合わせはこちら

おすすめホワイトペーパーは
こちらからダウンロードいただけます

ホワイトペーパーの
ダウンロードはこちら

その他のWeb会議・電話会議お役立ちコラムその他のWeb会議・電話会議お役立ちコラム