TOP > Web会議コラム一覧 > ウェビナーの目的・用途にあった最適なツールの選び方

Web会議コラム

Web会議コラムウェビナーの目的・用途にあった最適なツールの選び方

 

新型コロナウイルスの流行に伴い、各企業ではウェビナーの利用が増加しています。

しかしウェビナーに慣れていない企業がウェビナーを開催すると、予想していなかった失敗をしてしまうことが多いのです。
ウェビナー失敗の大きな原因の一つが、利用するツール選びを間違えてしまうことです。

この記事ではウェビナーでよくある失敗例と、その対策として正しいツールの選び方についてご説明します。


ウェビナーのよくある失敗例

ウェビナーの開催において起こりがちな失敗例をご紹介します。

様々なブラウザやデバイスに対応できず、参加者が当日参加できなかった

ウェビナーに参加可能なブラウザやデバイスが少数の種類に限定されていて、参加希望者が当日参加できなかったという失敗例です。

具体例:ブラウザで視聴できない・アプリのインストールが必要なので参加者が減ってしまった。

ウェビナーは様々なブラウザで視聴できるようにすると、参加者を増やしやすくなります。例えばGoogle Chromeにしか対応していない場合、他のブラウザを利用しているユーザは視聴できないという事態になってしまうかもしれません。
また、視聴に際しアプリのインストールが必要だと、手間に感じるユーザや、会社からアプリのインストールを禁じられているユーザを逃してしまうことになります。
デバイスについても、外出中の方も参加できるようパソコンの他にタブレットやスマホなど幅広いデバイスに対応させることが必要です。

セキュリティ対策ができていなかった

セキュリティ対策が十分にできていなかったという失敗が参加者に知られればウェビナーの信用度が落ちてしまいます。

具体例:会員限定ウェビナーを開催したが、ウェビナーURLを共有されれば誰でも参加できる状態だった。

セキュリティ対策が十分でないと、会員限定のウェビナーであるにも関わらず「会員でない方も参加できてしまった」ということが起こりかねません。これでは会員のメリットが薄れ、信頼を失いかねません。

音声や映像が途中で途切れたり、フリーズした

ウェビナーの開催中に音声や映像が途切れたり、フリーズしたりしてしまったという体験はないでしょうか。

具体例:大事なところでウェビナーが途切れてしまい、途中退出が多く、伝えたいことが伝わらなかった。参加者から不満の声もあった。

ウェビナーの開催中に音声や映像が途切れたり、フリーズしたりしてしまうと、ウェビナーの進行が滞ってしまいます。
また、参加者は聞きたい内容が聞けず不満に感じてしまうかもしれません。不安定な配信は企業やブランドのイメージを損ねてしまう可能性もあります。

参加者からの質問の管理に手間取った

参加者からの質問が多く寄せられた場合などに、管理しきれず失敗してしまう例です。

具体例:参加者から質問できるようにしたが、特定の参加者からの質問への回答に偏ってしまったり、既に回答済みの質問なのかすぐにわからなかったりして、うまく対応できなかった。

参加者からの質問を十分に管理できないと、せっかく質問してくれた参加者に回答ができずに、ウェビナーの印象が悪くなってしまいます。またウェビナーのスムーズな進行にも影響を及ぼしてしまいます。

映像が単調で、参加者の興味を引けなく、理解度も低かった

映像が単調であると参加者が飽きてしまうため興味を引くことができず、内容を十分に理解してもらえません。

具体例:ただ主催者が淡々とウェブカメラ上で話すだけになってしまい、参加者の理解促進が行えず、印象にも残らなかった。また途中離脱が増えてしまった。

主催者が淡々と話すだけなどの単調な映像では、参加者の集中力が長続きしないため内容が十分に伝わらずに終わってしまいます。特に長時間のウェビナーでは参加者の興味を保つ工夫が必要です。

ウェビナー後のフォローアップができない

ウェビナーを実施したものの、実施後のフォローアップができないまま終わってしまったという失敗例です。

具体例:誰がどれくらい視聴したか、誰がどの質問をしたかわからず、ウェビナー後のフォローアップや営業につなげられなかった。

どのような方がどれくらい視聴したのか確認することで、そのウェビナーがどのような方に興味を持ってもらえるのか把握でき、次のウェビナー開催に活かすことができます。
また、誰がどの質問をしたのか把握してしっかり回答することで理解度・満足度を上げることができます。

ウェビナーツールの選び方のポイント

 

ウェビナーツールの選び方のポイントをご紹介します。
正しいツール選びをすることで、より良いウェビナーを開催できるようになります。

関連記事として、「利用増加で話題のウェビナー!失敗しないツール選び」もぜひご覧ください。


必要な機能があるか?

ウェビナーの目的を明確にして、その目的を果たすために必要な機能があるかどうかチェックしましょう。

チェックすべき機能にはアンケート機能、プレゼンテーション機能、レポート機能などがあります。
対応可能なブラウザやデバイスも合わせて確認しましょう。

接続可能数に余裕があるか?

同時接続可能数を確認しましょう。
開催するウェビナーで予想される参加者数を確認し、接続可能数に余裕がある状態で開催できるツールを選びます。

ライブ配信やオンデマンド配信では、接続できる人数が異なるツールや、別途料金がかかるツールもあります。

ライブ配信、オンデマンド配信、それぞれで接続可能数に余裕があるかどうかチェックしましょう。

頻度や規模にあった料金体系か?

開催するウェビナーの頻度や規模にあった料金体系であるか確認します。
ウェビナーツールの料金体系には「月額固定制」「従量課金制」「無料」などいくつか種類があります。

今後の予定を確認し、ウェビナーの開催頻度に合った料金体系であるツールを選びましょう。

サポート体制があるか?

必要なサポート体制があるツールであるか確認しましょう。
ウェビナーに慣れていない場合は、プロのサポートを受けることでトラブルを防ぐことができます。

初めてウェビナーを開催する場合などは、予期せぬアクシデントを防ぐためにサポート体制が万全であるツールを選ぶことをおすすめします。

まとめ

ウェビナーに慣れていないと、開催した際に予期せぬ失敗をしてしまう可能性が高くなります。

失敗を防ぐためには、安定した配信が可能か、対応ブラウザやデバイスは十分か、必要な機能があるか、接続可能数は余裕があるかなど確認しておきましょう。
アクシデントが起こった際にサポートしてもらえるよう、サポート体制があるかどうかも要チェックです。

上記の点をチェックするとともに、頻度や規模にあった料金体系であるかどうかも確認しましょう。

このページでご紹介したウェビナーの失敗談を踏まえ、E-Book「ウェビナーが失敗する原因は、ツールにあり︕ツール選びの‟必須条件” 7 選
でウェビナーを成功させるためのツールの選び方を詳しく学べば安心です。
ぜひご活用ください。

ウェビナーが失敗する原因は、ツールにあり︕ツール選びの必須条件7 選

おすすめE-Book
「ウェビナーが失敗する原因は、ツールにあり︕ツール選びの‟必須条件” 7 選」の内容

■ウェビナーの “失敗例” と ツール選びの必須条件
■そもそもウェビナーの成功形とは︖


まずはお気軽にご相談ください
 

お問い合わせはこちら

おすすめホワイトペーパーは
こちらからダウンロードいただけます

ホワイトペーパーの
ダウンロードはこちら

その他のWeb会議・電話会議お役立ちコラムその他のWeb会議・電話会議お役立ちコラム