TOP > Web会議コラム一覧 > いま話題のオンラインセミナー(Webセミナー)とは?

Web会議コラム

Web会議コラムいま話題のオンラインセミナー(Webセミナー)とは?

現在は新型コロナの影響により、従来の会場開催型のセミナーが開催しにくい状況となっていて、今後もこのような状況が続くと見られます。
そんな中で、オンライン上で開催できる「オンラインセミナー」の必要性が高まっています。

この記事ではオンラインセミナーを開催する方に向けて、オンラインセミナーのメリット・デメリットなどご紹介します。

オンラインセミナーとは?

オンラインセミナーとは、インターネット上で行うセミナーのことで、インターネット環境があればどこでも参加できます。「Webセミナー」や「ウェビナー」と呼ばれることもあります。
インターネットの普及が進み、コロナの影響もある現在では、オンラインセミナーはどんどん普及しています。

日本と違って土地が広く移動コストがかかる欧米では、日本よりも早くにオンラインセミナーが普及し始めていたので、一般的な手段として利用されています。

オンラインセミナーと従来の会場開催型セミナーの違い

オンラインセミナーには従来の会場開催型のセミナーにはないメリットが多くあります。
オンラインセミナーは会場まで足を運ぶ必要がないので、会場開催型セミナーよりも多くの方が参加できます。

オンラインセミナーを一度開催すれば、その動画を残しておくことができるので、再配信することで再利用できるというメリットもあります。

会場開催型のセミナーでは会場を手配したり参加者を誘導する必要がありますが、オンラインセミナーではこのような必要はないので、手間やコストが省けます。

オンラインセミナーとメリット・デメリット

オンラインセミナーのメリットとデメリットをご紹介します。

メリット

まずはオンラインセミナーのメリットについてです。

●集客力が高い

オンラインセミナーは会場開催型のセミナーと違って会場に足を運ぶ必要がなく気軽に参できるので、集客力が高く、幅広い地域からの参加が期待できます。

●コストを削減できる

オンラインセミナーでは会場や配布物を準備したり、参加者を誘導する必要がないので、これらにかかるコストが削減できます。

●オンデマンドの場合編集や加工が可能

ライブのオンラインセミナーを録画して、終わった後に動画を編集・加工し、オンデマンド配信することができます。
ライブ配信は行わず、録画した動画を配信することも可能です。

●参加者はどこからでも手軽にアクセスできる

インターネット環境があれば、参加者はどこからでも手軽にオンラインセミナーに参加できます。

●参加者データを取得できる・事後工程の手間を削減できる

オンラインセミナーに参加した参加者のデータを手軽に取得できます。
そのためオンラインセミナーが終わった後にどのような方が参加したのかなどの情報を収集する手間を削減でき、効率的に事後フォローが行えます。

デメリット

次にオンラインセミナーのデメリットをご紹介します。

●安定したインターネット環境が必要

オンラインセミナーを円滑に行うには、安定したインターネット環境が必要になります。

●会場開催型と遜色ない体験にするには、高品質な音声や映像が求められる

オフラインセミナー並のスムーズなセミナーを開催する場合は、高品質な音声や映像が必要になります。

●参加者との質疑応答や顔色などコミュニケーションが取りづらい

オンラインセミナーはオフラインセミナーに比べて参加者の顔色がわかりにくかったり、会場の雰囲気がつかみにくいといったコミュニケーションの取りづらさがあります。

●参加者が途中離脱しやすい

オンラインセミナーは参加しやすい反面、途中で視聴をやめることも簡単にできるので、参加者が途中離脱しやすいというデメリットがあります。

オンラインセミナーの方法

オンラインセミナーの開催方法によってメリットが異なります。

ライブ・リアルタイム配信は参加者とコミュニケーションがとりやすく、録画・オンデマンド配信では内容をしっかり作り込むことができます。

ライブ・リアルタイム配信

ライブ・リアルタイム配信で行われるオンラインセミナーでは、セミナー中に質疑応答をしたり、アンケートをとることができるので、参加者としっかりコミュニケーションがとれます。

会場開催型に近いセミナーを開催して参加者としっかりコミュニケーションがとりたい場合は、ライブ・リアルタイム配信がおすすめです。

録画・オンデマンド配信

撮影しておいた動画やライブ配信を録画しておいたコンテンツを後からアップして配信するオンラインセミナーでは、リアルタイム配信と違い準備を万全にできます。
録画した動画の内容を編集してセミナーのテンポを良くしたり、テロップを挿入したりできるのでセミナーのクオリティが向上します。

繰り返し見ることができるので、学習するためのセミナーなどに向いています。
参加者は自分に都合の良い時間帯を選んで視聴できるので参加しやすいというメリットもあります。

内容をしっかり作り込んでセミナーを配信したい場合は、録画・オンデマンド配信がおすすめです。

●オンラインセミナーのやり方

オンラインセミナーを開催する際の手順や気をつけるべきポイントをご紹介します。

●目的と内容の確定

まずは、オンラインセミナーの目的と内容を確定しましょう。
オンラインセミナーを開催する目的に合わせて、配信時間・集客方数・開催頻度・配信内容などを決めます。

●最適なツールの選定

次に、開催したいオンラインセミナーに合った最適なツールを見つけましょう。
オンラインセミナーのツールを選ぶ際は、どのような機能があるのかチェックします。
一般的なオンラインセミナーツールには以下のような機能があります。

・チャット
・Q&A
・アンケート・アンケート分析
・案内メールの配信
・セミナー動画の録画
・資料配布
・イベント管理

関連記事:利用急増で話題のウェビナー!失敗しないツール選び

●参加者募集

オンラインセミナーを告知し、参加者を募集しましょう。
参加者の募集方法には以下のような方法があります。

・オンラインセミナーの募集ページを作る
・企業のホームページにセミナーの告知する
・広告でセミナーの告知をする
・TwitterやFacebookで告知する

●オンラインセミナーツールの設定

オンラインセミナーツールで、コンテンツを作成し開催準備を整えます。
準備には以下のようなものがあります。

・オンラインセミナーの参加登録ページを作る
・視聴ページを設定する (デザイン、レイアウトなど)
・コンテンツを設定する(スライドや動画のアップロード)
・案内メールやフォローメールを設定する

●配信テスト

オンラインセミナーを開催する前に、配信テストを行いましょう。

配信テストを行うことで、問題なく接続・操作できるか確認できます。
またセミナーの内容やQ&Aやアンケートのタイミングに問題がないかなど、参加者の目線でチェックすることができます。

●開催後のフォローアップ

オンラインセミナーを開催した後には、アンケートなどから参加者の満足度を確認しましょう。

満足してもらえなかった参加者へフォローするなど、アフターフォローをしっかり行うことが今後の集客につながります。

まとめ

新型コロナの影響により従来の会場開催型のセミナーが開催しにくい状況となっている中、インターネット上で開催できる「オンラインセミナー」の必要性が高まっています。

インターネット環境があればどこからでも参加できるオンラインセミナーは便利ですが、オンラインセミナーにはメリットもあればデメリットもあります。

オンラインセミナーを開催する際には、この記事でご紹介した内容を参考にするとともに、実績のあるオンラインセミナーツールベンダーに相談することをおすすめします。

抜群の安定性で高品質な映像を多くの視聴者に配信できる「GlobalMeetウェブキャスト」なら、手軽に効果的なオンラインセミナーを実施できます。サポート付きのスポットプランもあるので、初めてオンラインセミナーを開催する場合でも安心です。

⇒「GlobalMeetウェブキャスト」の詳細はこちら
気になる方はこちらから資料請求できるので、お気軽にお問合せください。

ありがち“トラブル”から見えてくるウェビナーツール選びの条件

ありがち“トラブル”から見えてくるウェビナーツール選びの条件

おすすめホワイトペーパー
ありがち“トラブル”から見えてくるウェビナーツール選びの条件」の内容

■ ウェビナーの本質を考えた時、極力避けたい“残念な事態”とは

■ ストリーミング系ベースのウェビナーなら、しっかり管理できて安心

■ 自分たちでできるか不安…という企業はサポート付きスポット契約型を



まずはお気軽にご相談ください
 

お問い合わせはこちら

おすすめホワイトペーパーは
こちらからダウンロードいただけます

ホワイトペーパーの
ダウンロードはこちら

その他のWeb会議・電話会議お役立ちコラムその他のWeb会議・電話会議お役立ちコラム