https://premiere-marketing.jp/wp-content/themes/pgi2021 テレカンとは?テレカンが使われ続けている理由 - プレミアコンファレンシング

テレカンとは?テレカンが使われ続けている理由

オンラインコミュニケーションに役立つ資料を無料で公開中!

無料でダウンロード
Pocket

テレカンとは?テレカンが使われ続けている理由?

近年では、離れた場所にいる社内のスタッフや社外のパートナー、顧客などと会議を行うという目的で、会議ツールを導入する企業が増えています。
ツールを使って離れた場所同士で行う会議をよく「テレカン」と言いますが、電話やテレビ電話、PCなど使うものによってさまざまな種類があります。

企業に導入する会議ツールを検討する際、一番良いのはどのサービスなのか迷うことがあると思います。
そこで今回は、これらの会議ツールの中でも手軽に導入することができ、汎用性の高いサービスについてご紹介するとともに、テレカンが今でも使われ続けている理由をご説明します。

テレカンとは?なぜ、テレカンを利用するのか?

「テレカン」とは?

「テレカン」という名称を初めて聞いたという方もいるのではないでしょうか。そもそも、「テレカン」とは一体何でしょうか?

「テレカン」とは、テレカンファレンス(teleconference)やテレフォンカンファレンス(telephone conference)の略で、遠隔会議や電話会議のことです。
ここでは、古くからある会議ツールで、最も手軽に導入できるテレカン=テレフォンカンファレンス(電話会議)についてご紹介していきましょう。

電話会議とは電話を使った音声による遠隔会議です。1対1であれば通常の通話で事足りますが、電話会議では3者以上の複数人による会議でスムーズな会議を実現することができ、複数の拠点やモバイル機器から接続することができます。

テレカンの特長の一つに、情報を多くの場所へ同時に発信することができるという点があり、定例会議の際や社長のメッセージを全国の支社へ伝達する際に役立ちます。また、社内研修、セミナー、企業説明会の他、災害時などライフラインが寸断された際の緊急連絡手段としても大いに活用できます。従業員の安否確認や、指示・報告を迅速にすることができますので、緊急時にも動じることなく的確に対処することができます。

現在はWeb会議など様々な会議システムがありますが、そのような中で古くから利用されているツールであるテレカンも未だに利用され続けています。その理由には、導入コストが安いため手軽に導入でき、誰でも簡単に利用できることがあります。
さらに音質が一般的なWeb会議よりも高品質で、回線も安定しているので大事な会議でも安心して利用できることも理由の一つです。

実際にWeb会議システムを利用して課題を抱えていて、テレカンを導入したことによりコスト削減と業務効率化を実現できた企業の事例があります。
詳細な情報はPDF資料をダウンロードしてご確認ください。

⇒関連資料:電話会議が使われ続ける理由と3つの事例

テレカン(電話会議)のメリット

次に、テレカン(電話会議)にある主なメリットについてご説明します。

1. 複数拠点との通話

テレカン(電話会議)のメリットとして、電話回線、モバイル機器などの電波を利用することで、国内や海外を問わず複数拠点と通話ができることがあります。これによって、場所を問わずに情報共有をスムーズに行うことが可能になります。

2. 手軽に始められる

テレカン(電話会議)は電話回線と電話機があれば簡単に利用することができ、高額で大がかりな専用設備は不要です。使い慣れた電話機を利用することができ、ITリテラシーの問題を気にせずに誰でも日常業務の中で活用しやすいというメリットがあります。
例えば、PGiの「GlobalMeetコラボレーション」は、現在利用している電話機を使って会議に参加でき、初期費用が一切かからないため新たな設備投資をする必要がありません。

先ほどご説明したように会議には電話回線を利用するため、インフラ環境の整っていない海外拠点とコミュニケーションを行う場合も、高い音声品質を保つことができます。遠隔で会議を行う上で、音声の聞こえやすさは重要な要素となりますが、電話会議であれば問題なく会議を行うことができます。
電話会議サービスを利用すれば安定した音声品質で会議を行うことができますが、3人以上で会議を行う場合はマイクスピーカーがあると、会議をより円滑に進めることができます。

電話会議を進化させ、電話会議とWeb会議の良いところを持ち合わせているのがGlobalMeetコラボレーションの特徴です。

GlobalMeet コラボレーション お客様の声:
「働き方改革の一環としてGlobalMeet コラボレーションを採用させていただきました。手頃な価格で非常に高音質な通話が可能で、また、簡単に資料共有も出来ますので、一日に何度も利用させていただいております。自分のデスクからも気軽に会議に参加できるようになったので、業務効率がアップしました。」
インテグラン株式会社 取締役 経営管理部 部長 本田 和之 様

3. コスト削減

さらに、テレカン(電話会議)ではわざわざ現地まで出張することなく会議ができるため、交通費や宿泊費など会議にかかる経費を大幅に削減することができます。
コストとともに、出張に要する時間や手間も大幅に削減され、会議の生産性をより高めることにつながります。
この後ご紹介しますが、PGiの「GlobalMeetコラボレーション」を導入したことにより、会議にかかる経費を40%以上も削減できたという企業の事例もあり、コスト削減効果が大きいことがわかります。

4.高品質な音声

テレカン(電話会議)は、電話回線であるため、音声品質が高いことが特徴です。Web会議ではネット回線次第で音声が悪くなることがあり、会議が円滑に進まないこともあります。

GlobalMeetコラボレーションのDolby Voice®(ドルビーボイス®)は音声品質が大変良く、クリアな音声により会議でスムーズなコミュニ―ケーションがとれます。

Dolby Voice®では従来よりも広い音声帯域を伝送することができます。ノイズキャンセル機能で音声の遅延や途切れが改善されていて、聞き取りやすさが向上しています。明瞭な音声により、遠隔での会議で臨場感のあるコミュニケーションが実現できます。

こちらの比較動画で、Dolby Voice®の音声品質の良さを確認することができます。

テレカン(電話会議)のデメリット

次に、テレカン(電話会議)のデメリットについてご説明します。

画面を通した資料請求などができない

テレカン(電話会議)では、PC画面上で資料共有などができません。例えば、会議中に画面上で相手に商品の写真を見せるといったことができないのです。
しかしGlobalMeet コラボレーションは電話会議とWeb会議の簡単な機能を組み合わせたツールで画面共有も可能であるため、このような問題はありません。

通話料金がかかってしまう

インターネットと異なりテレカン(電話会議)では電話回線を使うため、接続時間の分だけ通話料金が発生してしまいます。
しかしGlobalMeet コラボレーションは定額制であるため、通話料金の心配をすることなく高クオリティの音声で会議ができます。

まとめ

古くから利用されているテレカン(電話会議)は導入コストが安く、電話回線と電話機があれば簡単に利用できます。音質がWeb会議よりも高く回線も安定しているため現在も多くの人々に利用され続けています。

テレカン(電話会議)には画面を通した資料共有などができない、通話料金がかかってしまうといったデメリットもあります。しかしGlobalMeet コラボレーションは電話会議とWeb会議の良い部分を組み合わせたツールであるためこのような問題も解決できます。

下記の「電話会議が使われ続ける理由と3つの事例」もぜひご確認ください。

⇒関連資料:電話会議が使われ続ける理由と3つの事例

失敗しない!Web会議ツール選定5つのポイント

おすすめ資料

電話会議が使われ続ける理由と3つの事例」の内容

事例①
みんな知ってる、あのオンラインコミュニケーションツールを導入したが問題が…
解決したのは、電話会議だった!

事例②
契約中のWeb会議ツールは使いにくいが解約できない…
でも、顧客対応や会議で忙しい現場スタッフが本当に使いたいのは電話会議!

事例③
手軽さ重視で以前から電話会議を活用しているが、利用量が増えコストも上昇
利用中の電話会議は、会議のコントロールが不便

あなたにおすすめのお役立ち資料

関連する記事

Contact お気軽に
お問い合わせください

For More Details PGiの魅力がすぐにわかる

pagetop