Web会議・テレビ会議用語集(ユビキタスコンピューティング) | WEB会議・電話会議ならPGi

TOP > Web会議用語集一覧 > ユビキタスコンピューティング

Web会議用語集

  ユビキタスコンピューティング

ユビキタスコンピューティング

あらゆるモノにコンピュータが内蔵され、どこにいても、何時でもコンピュータからの支援が得られる世界や概念のことを、ユビキタスコンピューティングと呼ばれている。その目指すべきところは、コンピュータが当たり前のように身近にあるものとして認識されている状態であり、コンピュータをコンピュータとして意識されることのない状態である。
1988年、ゼロックス・パロアルト研究所(PARC)に所属していたマーク・バイザー氏が初めてユビキタスコンピューティングの概念を提唱し、その後米国マサチューセッツ工科大学(MIT)では「ウエアラブルコンピューティング」と呼び、その研究が行われるようになる。また米IBMなどではこのようなコンセプトのコンピューティング環境を「パーベイシブ・コンピューティング」と呼んでいる。日本においては1980年代前半に東京大学で坂村健氏が提唱した「TRON」構想が同様の概念にあたる。
21世紀に入るとコンピューティング技術が飛躍的に進化しているが、インターネットの普及など通信環境も整備され、ユビキタスコンピューティング構想に実現の兆しが見え始めていると言える。パソコンや携帯電話だけでなく、腕時計やメガネ、指輪型などのウエアラブルコンピュータが登場しているが、そのような装飾品や家電製品などあらゆるものがコンピュータに接続され、コンピュータの力を持つということが、ユビキタスコンピューティングの姿だとされる。



web会議用語集一覧へ戻る⇒





その他のweb会議用語