TOP > Web会議用語集一覧 > ルーティングテーブル

Web会議用語集

  ルーティングテーブル

ルーティングテーブル

端末やルータが保持している、パケットの配送先に関する経路情報のことである。
TCP/IPネットワークでパケットを送信するとき、送信先の相手を判断する際にルーティングテーブルが参照される。端末からあるの端末へとパケットを送信しようとし、送信先の目的の端末が自ネットワーク内にない場合は、端末内のルーティングテーブルを参照し、パケットを中継される端末を決める。
ルーティングテーブルの生成・管理方式は2種類あり、そのうち1つは予め固定されたルートを設定しておく「スタティックルーティング」で、もう一方は他の端末から受けるルーティング情報を用いて定期的にルーティング情報を更新していく「ダイナミックルーティング」である。
ルータなど多くの機器はの管理にはダイナミックルーティングを用い、特にルーティング処理を行う必要のない端末の管理においてはスタティックルーティングの一種である「デフォルトルーティング」が用いられる場合が多い。



web会議用語集一覧へ戻る⇒





その他のweb会議用語