Web会議・テレビ会議用語集(プライベートIPアドレス) | WEB会議・電話会議ならPGi

TOP > Web会議用語集一覧 > プライベートIPアドレス

Web会議用語集

  プライベートIPアドレス

プライベートIPアドレス

企業内ネットワークに存在するLANなどの端末が、自由に使用できるIPアドレス。プライベートIPアドレスは自ネットワーク内においてのみ使用されるため、ほかのネットワークでは同じプライベートアドレスが利用されている可能性がある。
プライベートIPアドレスには通常設定可能な範囲がRFC 1918において規定されている。その範囲はクラスAからCに分けられており、クラスAは10.0.0.0~10.255.255.255 (10.0.0.0/8)、クラスBは172.16.0.0~172.31.255.255 (172.16.0.0/12)、クラスCは192.168.0.0~192.168.255.255 (192.168.0.0/16)である。
登場の背景には、IPv4のIPアドレスの枯渇問題があげられる。IPv4のIPアドレスは32ビットで、およそ43億個のIPアドレスを割り当てることができたが、1980年代以降にインターネットが爆発的に成長するとIPアドレスを必要とする端末の数が急増し、43億個だけではいずれ枯渇してしまうのではないかという懸念があったのである。こういった状況を受けて、すべての端末からインターネットにアクセスできる必要はないという考えにより、LAN内のコンピュータには一定の範囲のIPアドレスをプライベートIPアドレスとして割り当てるという方針が立てられる。そして、そのLANとWANを接続する機器にのみグローバルIPアドレスを割り当てるという形が新たに確立されたのだ。



web会議用語集一覧へ戻る⇒





その他のweb会議用語