Web会議・テレビ会議用語集(NAT(Network Address Translation)) | WEB会議・電話会議ならPGi

TOP > Web会議用語集一覧 > NAT(Network Address Translation)

Web会議用語集

  NAT(Network Address Translation)

NAT(Network Address Translation)

LANとインターネットなど、2つのTCP/IPネットワークの境界にあるゲートウェイやルータが、特定のアドレス同士を対応付け、パケットに含まれる送信元や宛先のIPアドレスを転送時に自動的に変換し、データを転送する技術のこと。
常に同じアドレス同士を結びつける方式は静的NAT(スタティックNAT)と呼ばれ、対応付けるアドレスを動的に変更する方式は動的NAT(ダイナミックNAT)と呼ばれている。
また、NATを拡張して通信を行うポート番号も同時に変換することでLAN内の複数のIPアドレスから1つのグローバルIPアドレスで同時に通信できるようにする技術のことをNAPT(Network Address and Port Translation)、またはIPマスカレード(IP masquerade)といい、これをNATの一種と捉えてNAT機能と呼ぶこともある。



web会議用語集一覧へ戻る⇒





その他のweb会議用語