Web会議・テレビ会議用語集(IPマスカレード/NAPT(Network Address Port Translation )) | WEB会議・電話会議ならPGi

TOP > Web会議用語集一覧 > IPマスカレード/NAPT(Network Address Port Translation )

Web会議用語集

  IPマスカレード/NAPT(Network Address Port Translation )

IPマスカレード/NAPT(Network Address Port Translation )

1つのグローバルのIPアドレスを複数のコンピュータで共有する技術のことで、企業などの組織内で主に用いられる。インターネット上のアドレス(グローバルアドレス)と、組織内ネットワークでのみ通用するIPアドレス(ローカルアドレス)とを透過的に相互変換することにより実現する。
TCP/UDPのポート番号まで動的に変換されるため、1つのグローバルアドレスで複数のマシンから同時に接続することができるが、ポート番号の変換が行われるため、インターネット側から内部のマシンに接続を開始するというような使い方はできない。またICMPが利用できないなどの制限もある。ブロードバンドルータなどによってはこうした制限を緩和するために独自の実装をしているものもある。
元来「NAPT」は技術の名称で、「IPマスカレード」はLinuxにおけるNAPT実装のことであったが、両者が混同して用いられることも多く、ブロードバンドルータのスペック表などにおいてはNAPTの意味で「NAT機能搭載」と表記されている場合もある。



web会議用語集一覧へ戻る⇒





その他のweb会議用語