Web会議・テレビ会議用語集(LDAP(Lightweight Directory Access Protocol)) | WEB会議・電話会議ならPGi

TOP > Web会議用語集一覧 > LDAP(Lightweight Directory Access Protocol)

Web会議用語集

  LDAP(Lightweight Directory Access Protocol)

LDAP(Lightweight Directory Access Protocol)

1995年IETFによって最初の標準が発行された通信プロトコルで、インターネットなどTCP/IPネットワークでディレクトリサービスにアクセスするために用いられる。ITU-T勧告のX.500標準の一部を抜き出して簡略化し、TCP/IPで利用できるにしたものである。
ディレクトリサービスとは、ネットワーク利用者に関する情報や、ネットワークに接続された機器、資源に関する情報をサーバ上のデータベースにおいて一元管理する仕組みのことで、LDAPでは利用者がクライアントを用いてディレクトリサーバに接続し、そこで管理されている情報を利用するための通信手順が定められている。



web会議用語集一覧へ戻る⇒





その他のweb会議用語