Web会議・テレビ会議用語集(JPEG2000) | WEB会議・電話会議ならPGi

TOP > Web会議用語集一覧 > JPEG2000

Web会議用語集

  JPEG2000

JPEG2000

静止画像の圧縮・展開の方式を定めた画像圧縮方式の1つであり、画像符号化の標準化を行うISOとITU-TSの共同組織、JPEG(Joint Photographic Experts Group)によって、2001年に規格化されたもの。なおその前身となるJPEGは、1990年に制定された静止画の圧縮・展開に関する国際標準規格で、ISO 10918-1(ITU-TS T.81)として規格化されたが、JPEG2000はこれを発展させたものでより高圧縮、高品質な画像圧縮が行える。
PEG方式では画像を小さなブロック分割して周波数成分係数を量子化・符号化して圧縮する離散コサイン変換方式で変換するが、JPEG2000ではウェーブレット関数により画像全体を周波数帯域に分けた縦横それぞれの周波数成分を量子化・符号化して圧縮するウェーブレット方式で変換する。これによりJPEGでは高圧縮率(低画質)で保存したときに目立っていたブロックノイズ(格子状ノイズ)やモスキートノイズ(水面の波紋状のノイズ)が、JPEG2000では発生しなくなり、さらに「電子透かし」の挿入、圧縮する際の画質、ファイルサイズなどといった細かい指定もできるようになった。
圧縮された状態でさらに内部的に圧縮したデータを抽出することができるため、1つの画像データから携帯電話向けなどコンパクトな画像から通常のサイズ、印刷用の高解像度画像に至るまで、様々な解像度の画像を得ることが可能である。さたにJPEGでは多少のデータの損失を許容することで劇的な圧縮率を達成していたが、JPEG2000では損失が全くないない可逆圧縮を選択することもできるようになった。



web会議用語集一覧へ戻る⇒





その他のweb会議用語