Web会議・テレビ会議用語集(IPアドレス(Internet Protocol address)) | WEB会議・電話会議ならPGi

TOP > Web会議用語集一覧 > IPアドレス(Internet Protocol address)

Web会議用語集

  IPアドレス(Internet Protocol address)

IPアドレス(Internet Protocol address)

インターネットやイントラネットなどのIPネットワークに接続されたコンピュータなどの通信機器に割り振られた識別番号のことである。インターネット上で数値の重複があってはならないため、各国のNIC(ネットワークインフォメーションセンター)がIPアドレスの割り当てなどの管理を行う。
インターネットなどネットワークは機器間の通信にIP(Internet Protocol)という通信規約が用いられるが、IPアドレスはこのIPで運用されるネットワークにおける個々のコンピュータや通信機器を識別するために付けられたいわば住所である。広く普及している「IPv4」(Internet Protocol version 4)においては、8ビットずつ4つに区切られた32ビットの数値が用いられ、「211.9.36.148」というように0から255までの数字を4つ並べた形で表現をする。
IPアドレスは単なる数値の羅列でありこれでは人間にとっては覚えにくいため、コンピュータやネットワークには別のドメイン名やホスト名といった名前がつけられている場合が多くいため、通常インターネットを利用する際にIPアドレスを目にしたりするケースはあまり多くない。尚、IPアドレスとドメイン名・ホスト名とは「DNS」(Domain Name System)というシステムによって相互変換が行われる。
IPv4では、最大でも32ビットの数値で識別できる上限である約42億台(2の32乗)までしか1つのネットワークに接続することがでず、インターネットで利用するIPアドレスが足りなくなる懸念がある。そのため、企業など多くの機器を利用する組織では、組織内ネットワークにおいては制限なく自由に使えるプライベートアドレスを用い、インターネットとの境界にグローバルアドレスとのアドレス変換を行う機器を設置するという運用方法を用いることが多い。 また、IPv6では128ビットのIPアドレスが使われ、単純計算で2の128乗、約340澗(かん)、約3.40×1038個のIPアドレスが利用可能となり、IPv6に移行すればその後糖分の間はIPアドレスが足りなくなる懸念はないだろうと言われる。



web会議用語集一覧へ戻る⇒





その他のweb会議用語