Web会議・テレビ会議用語集(H.264) | WEB会議・電話会議ならPGi

TOP > Web会議用語集一覧 > H.264

Web会議用語集

  H.264

H.264

動画データの圧縮符号化方式の標準の一つで、2003年に国際電気通信連合(ITU)によって勧告されたが、国際標準化機構(ISO)によって動画圧縮標準MPEG-4の一部(MPEG-4 Part 10 Advanced Video Coding)としても勧告されている。一般的には「H.264/MPEG-4 AVC」「H.264/AVC」のように2つが併記されている場合が多い。
H.264の用途は、携帯電話のテレビ電話など低速・低画質のものから、ハイビジョンテレビ放送などの大容量・高画質の動画に至るまで幅広い。それまでに用いられていたMPEG-2と比べると、H.264は同じ画質でおそよ半分程度のデータ量で済むよな改良が加えられている。
H.264の符号化の基本的な方式はH.263など従来の方式を踏襲しておる、フレーム間予測、動き補償、DCT(離散コサイン変換)、エントロピー符号化などを組み合わせたアルゴリズムを利用している。またそれぞれの技術において浮動小数点演算を整数演算で代替するなどの処理方式が改良されたり、新しい技術の取り込みにより従来の方式よりも優れた圧縮率を実現している。
符号化やフレーム予測技術に関してはいくつかの方式から選択可能なため、それらの組み合わせは「プロファイル」として複数定義されており、要求される処理性能やビットレートの違いに対して柔軟な対応が可能となり、目的に応じて使い分けることができる。



web会議用語集一覧へ戻る⇒





その他のweb会議用語