Web会議・テレビ会議用語集(コーデック(CODEC)) | WEB会議・電話会議ならPGi

TOP > Web会議用語集一覧 > コーデック(CODEC)

Web会議用語集

  コーデック(CODEC)

コーデック(CODEC)

データや信号を一定の規則にしたがって符号化する、また逆に符号化されたデータを元の状態に復号したりする装置やソフトウェアなどのことを指す。半導体チップや基板、装置などによってこれらの処理を行うものはハードウェアコーデックと、コンピュータ上で動作するプログラムとして実装しているものはソフトウェアコーデックと呼ばれる。またこのうち符号化のみを行うものはエンコーダ(encoder)、復号のみを行うものはデコーダ(decoder)といわれる。
単にコーデックといった場合は、画像、音声、動画などといった大容量のメディアデータを圧縮・伸張する装置やソフトウェアの事を指すことが多く、これらはコーデックの中で最もよく知られているものである。汎用のデータ圧縮・伸張ソフトウェアや、コンバータとも呼ばれる複数の圧縮形式の間で相互に変換するもの、データをその内容を変えずに別の形式に変換したり戻したりするもの、さらに暗号化や復号を行うものなどが含まれている。
電子機器や半導体の分野でコーデックという用語を用いる場合、音声や映像などのアナログ信号を取り込んでデジタルデータに変換したり、データをアナログ信号に変換して出力したりする回路や部品、装置のことを指す場合もある。これにはD/Aコンバータ(DAC:Digital/Analog converter)、またはA/Dコンバータ(ADC:Analog/Digital converter)との呼び名もある。



web会議用語集一覧へ戻る⇒





その他のweb会議用語