Web会議・テレビ会議用語集(ベストエフォートサービス) | WEB会議・電話会議ならPGi

TOP > Web会議用語集一覧 > ベストエフォートサービス

Web会議用語集

  ベストエフォートサービス

ベストエフォートサービス

ベストエフォート(best effort)は「最大限の努力」という意味の英語である。これは「提示しているサービスなどの質は保証するものでなく、なるべくその内容に近づくように努力する」という意味で用いられる。
ベストエフォートサービスの具体例として、ADSLの通信サービスがあげられる。ADSL通信では、一般の電話回線(アナログ回線)を用いて、下り回線の場合最大 54Mbps などの高速インターネットが利用可能とされる。しかしADSLには、電話局から離れるほど通信速度が落ちるという特性や、使用している機器やモジュラーケーブル、他の電話回線の状況、パソコンの性能、基本ソフトの種類や設定などの影響も受けるため、実際の利用時にはよくても最大速度の 70~80%の速度となる。
そのためADSLでは「必ず○Mbpsの速度を保証する」と明示することができず、「最も条件がいい場合で 54Mbps」というベストエフォート型となっているのである。
また、例えばトラブル対応において何時間で復旧するかの約束ができなかったり、窓口の営業時間内に限ると言った場合も、その範囲内で最大限の努力をするという意味でベストエフォートという言葉が用いられる。
一方、一定の品質を常に保証しているサービスはギャランティ型と呼ばれる。ギャランティ型のサービスは一般に高価な場合が多いが、ベストエフォート型はこれに比べ安価な場合が多い。



web会議用語集一覧へ戻る⇒





その他のweb会議用語