Web会議・テレビ会議用語集(ASP(Application service provider)) | WEB会議・電話会議ならPGi

TOP > Web会議用語集一覧 > ASP(Application service provider)

Web会議用語集

  ASP(Application service provider)

ASP(Application service provider)

インターネットを通じて、ユーザーにビジネス用のアプリケーションをレンタルするサービスのことであり、その提供者がアプリケーションサービスプロバイダー(ASP:Application Service Provider)と呼ばれる。ユーザーはWebブラウザーからASP事業者のサーバにインストールされたアプリケーションを利用する。主に法人を対象としたサービスをASPサービスと呼ぶことが多い。
予定表やプロジェクト管理、掲示板、電子会議室、Webメールの配信などにより社内の情報共有を行うグループウェアと呼ばれるものや、財務・会計を行うものや、オンラインストレージによってデータ共有を行うものなど、様々なアプリケーションがASPサービスとして利用可能となっている。営業管理や財務管理などの有名なパッケージソフトウェアもASP化が進んでいる。
インターネット接続が可能な環境さえあれば、いつ、どこからでもすぐに各種アプリケーションが利用可能になる点が、ASPサービスのメリットである。また社内のコンピュータにアプリケーションをインストールする必要がなかったり、アプリケーションをバージョンアップさせる必要もないので、運用作業の手間が省けるのも大きな利点である。
一方、アプリケーションの利用井はインターネットを介するため、回線の速度によってはアプリケーションの動作が遅かったり、ASP事業者のサーバに障害が発生じるとアプリケーションが利用できなくなるといったデメリットもある。また、社外にデータを持つということも考慮にいれるべき項目である。



web会議用語集一覧へ戻る⇒





その他のweb会議用語