TOP > Web会議用語集一覧 > ADSL

Web会議用語集

  ADSL

ADSL

電話線を使って高速なデータ通信を行う技術のこと。一般の加入電話に使われている1対の電話線を利用するが、電話を利用する際に音声を伝えるのには使わない高い周波数帯を使って通信が行われるxDSL技術の一つである。 ADSLのAは「非対称(asymmetric)」の頭文字をとったもので、その名の通り、ユーザ側から見てダウンロードに相当する下りの通信速度は1.5~約50Mbps、アップロードにあたる上りの通信速度は0.5~約12Mbpsと、通信方向によって最高速度が異なる。
ADSLが使用する周波数帯は電気信号の劣化が激しく、そのためADSLが利用可能なのは電話線の長さがおよそ6~7kmまでの電話回線に限られている。また、実際の通信速度はその回線の距離、質などによって大きな影響を受ける。
ADSLはxDSL技術の中で最初に実用化され、一般家庭に広く普及している既存の電話線を使うために手間がかからず、さらに一般家庭でも利用可能な料金で高速なインターネット接続環境を提供できる技術として、急速に普及していった。その普及はまずアメリカで始まったが、日本においては電話回線を管理するNTT東日本・西日本がISDNとの混信を理由としてADSLに難色を示し、NTT地域会社はADSL接続に必須となるMDF(主配電盤)での相互接続をADSL事業者になかなか許可しなかったため、その実用化は遅れていた。やがて1999年12月にNTT地域会社がMDFでの相互接続を認め、東京めたりっく通信(当時)やNTT-ME(当時)などが首都圏の数ヶ所の電話局に収容されている電話回線を対象にした商用サービスを限定的ながら開始していく。この流れを受け、2000年には全国の電話局を対象にした本格商用サービスが通信事業者各社によって開始され、当初消極的な態度をとっていたNTT地域会社も2000年12月に商用サービス(フレッツ・ADSL)を開始した。
日本国内では当初G.992.2(G.lite)規格による1.5Mbpsサービスが主流だったが、Yahoo! BBがG.992.1(G.dmt)規格による8Mbpsサービスを2001年8月に開始すると、これに追随する形で他社も続々と8Mbpsサービスを開始、猛烈な勢いで8Mbpsサービスが普及していった。さらに2002年9月以降はG.992.1規格を独自に拡張して12Mbpsのサービスを行うADSL事業者も現れ、事業者間のサービス競争が白熱した。



web会議用語集一覧へ戻る⇒





その他のweb会議用語