導入前のお問い合わせ

お問合せフォーム

03-4560-9610

TOP 製品一覧 V-CUBE Boxの概要 機能・推奨環境

V-CUBE Box 主要機能一覧V-CUBE Boxの主要機能一覧

リモコン操作

リモコン操作
ボタンの数を厳選した“簡単操作リモコン”で、誰でも手軽に操作できます。既存のテレビ会議システムでありがちだった「複雑なリモコン操作によって専任担当しか使えない」という問題を改善します。

会議の開始・招待

会議の開始・招待
シンプルで分かりやすいインターフェースで、簡単に会議を開始したり、メンバーを招待できます。会議中に別のBoxを招待することも可能です。

映像と音声によるコミュニケーション

映像と音声によるコミュニケーション
入室人数に応じて最大8拠点までの映像を表示(自拠点映像、PC画面共有含む)。アクティブスピーカー機能により発言中の拠点の映像が自動的に大きく表示されます。
また、簡単なリモコン操作で自拠点の音声をミュートすることができます。

資料共有

資料共有
議論したい資料やデータを確認しながら会議を進めることができます。

PC・モバイル接続

PC・モバイル接続
ネットワークやサーバーなど専用のインフラ設備を構築しなくとも、
専用アプリで社外からPCやスマートフォン/タブレット経由で会議に参加できます。(※)

(※) V-CUBE Oneのライセンス契約が必要。詳細は営業部へお問い合わせください。

その他の機能
その他の機能や詳細については、営業部へお問い合わせください。

詳細情報やデモのご依頼は営業部へお問い合わせください

お問い合わせはこちら

テレビ会議接続 主要機能 

映像と音声の双方向通信

映像と音声の双方向通信
既存のテレビ会議システムをV-CUBE Boxと連携させて、映像と音声による相互通信ができます。

コールイン/コールアウト

コールイン/コールアウト
テレビ会議専用端末からV-CUBE Boxを設置してある会議室へ入室(コールイン)したり、V-CUBE Boxの画面からテレビ会議専用端末を会議室に招待(コールアウト)できます。

テレビ会議システム側の映像を自動レイアウト変更

テレビ会議システム側の映像を
自動レイアウト変更

V-CUBE Boxの画面に表示されるテレビ会議利用者の映像は、拠点数に応じて最大6拠点まで表示可能。発言者の映像が自動的に表示されます。

画面共有(資料共有)

画面共有(資料共有)
テレビ会議システムとV-CUBE Box の間で画面共有(資料共有)ができます。

録画機能
会議の内容を録画でき、録画した映像はWeb画面より視聴することができます。

ゲストアドレス発行
別ドメインで管理されている外部のテレビ会議システムと接続して会議を行う場合、会議を予約する時にワンタイムのゲストアドレスを発行できます。

※ テレビ会議接続の詳細は営業部へお問い合わせください。


推奨環境推奨環境

推奨環境は、営業部までお問い合わせください。

機能や環境面でご不明な点がありましたらお気軽にお問い合わせください

お問い合わせはこちら