TOP > Web会議コラム一覧 > 【企業のメリットは?】7月24日は「テレワーク・デイ」

Web会議コラム

Web会議コラム【企業のメリットは?】7月24日は「テレワーク・デイ」 ‐ 2020年に向けて成長企業が続々と参画する「テレワーク」とは


政府は、2017年から2020年までの毎年、東京オリンピックの開会式予定日の7月24日を「テレワーク・デイ」と位置づけ、企業が一斉にテレワークを実施することを呼びかけています。「テレワーク・デイ」当日は、テレワークが可能な企業において、朝の通勤電車などを極力利用せずに、始業から10時30分まで、テレワークを実施することなどを推奨しています。そこで今回は、テレワークの導入が推奨される理由、企業での導入メリット、そして、実施するうえで活用が期待されるWeb会議、電話会議サービスについてご紹介します。

なぜ「テレワーク」を推奨するのか?

なぜ「テレワーク」を推奨するのか?

「テレワーク」とは、情報通信技術(ICT)を活用した場所や時間にとらわれない柔軟な働き方をいいます。

2012年のロンドンオリンピックでは、大会期間中、ロンドン市と市交通局の呼びかけで市内企業の8割がテレワークを導入しました。その結果、会期中の交通混雑を回避できただけでなく、テレワークを導入した企業では、事業継続体制の確立、生産性や従業員満足の向上、ワークライフバランスの改善などの成果が得られたといわれています。

2020年に開催される東京オリンピックでも、国内外から大勢の観光客が集まり、首都圏の公共交通機関の混雑が予想されます。ロンドン大会の成功にならい、日本でも、テレワーク実施を呼びかけ、オリンピックをきっかけとして、働き方改革の実現に向けて全国的にテレワークを普及させる動きが高まっています。

政府は、テレワークを「働き方改革」の切り札の一つとして位置付け、その推進を掲げています。また、2017年3月にまとめた「働き方改革実行計画」では、2020年までに、週1日以上終日在宅で就業する雇用型在宅型テレワーカー数を、全労働者数の10%以上に引き上げることを目標としています。

企業にとってどのようなメリットがあるのか?

企業にとってどのようなメリットがあるのか?

企業でのテレワーク導入は、政府の後押しもあり、従来から積極的に活用をしているIT系や外資系、ベンチャー企業に加え、製造業や金融業、サービス業など幅広い業界と業種に広がっています。

企業のテレワーク導入のメリットとしては、次に示すものが考えられます。

・生産性の向上
・コストの削減
・事業継続性の確保
・優秀な人材の確保,離職防止

上述したとおり、ロンドンオリンピックの会期中にテレワークを導入した企業でも、同様の成果が得られたことが報告されています。また、総務省の「平成28年通信利用動向調査」の結果においても、テレワーク導入に対して「効果があった」と回答した企業の割合は86.2%に上りました。

一方、ビジネスの業務は多くの人とのコミュニケーションで成り立っているため、テレワークを実施するには円滑なコミュニケーションがとれる環境を整えておく必要があります。

このような“円滑なコミュニケーション”を実現するのが、「Web会議」と「電話会議」です。現在では、テレワークの実現を念頭に置いた多くの企業が、これらの会議サービスを導入しています。

Web会議サービスや電話会議サービスを利用することにより、わざわざ現地に出向くことなく会議や打ち合わせが行えるため、交通費などのコストを大幅に削減することができます。そして、コストだけでなく、移動などに要する時間や手間も大幅に削減・軽減されますので、業務の生産性をより高めることができます。

導入にあたって知っておくべき「Web会議・電話会議サービス」の選び方

テレワーク導入の際には、自社の課題や目的(コスト、品質など)に合わせて、適切なWeb会議・電話会議サービスを選ぶことが重要となります。

例えば、サービスの利用が不定期なので初期コストや運用コストを抑えたい、というご要望があります。 そのようなお客さまには、PGi のWeb会議サービス「Cisco WebEx」がおすすめです。「Cisco WebEx」は、世界で最も利用されているWeb会議サービスです。「定額プラン」のほか、使った分だけ料金が発生する「従量課金プラン」などをご用意しており、利用形態に応じて料金プランを柔軟に設定することができます。

⇒「Cisco WebEx」の詳細はこちら

また、10年連続国内Web会議サービスシェアNo.1の実績をほこる、Web会議サービス「V-CUBE ミーティング」もおすすめです。いつでも、どこでも、誰でも簡単に利用でき、複数の拠点との会議において、資料を、PC やモバイル端末の画面上で共有しながら使えます。また、HD対応のクリアな映像と、つながりやすく途切れにくい接続安定性により、高画質で高音質の会議が実現できます。

⇒「V-CUBE」の詳細はこちら

Web会議のほかに、PGi では、「GlobalMeet 電話会議サービス」をご用意しています。高品質な音声接続はもちろん、リーズナブルな料金設定が特徴です。電話音声とインターネット音声のハイブリッド接続も可能で、参加者の接続環境に合わせて利用することができます。

⇒「GlobalMeet 電話会議サービス」の詳細はこちら

一方、既に「Skype for Business」を利用していて、もっとSkype for Businessを活用したい、音声品質を上げたいという場合には、PGi の「Skype for Business用 GlobalMeet 電話会議サービス」が便利です。
「Skype for Business」とシームレスに統合でき、「Skype for Business」の仕様を変更せずに、ハイブリッド音声接続を簡単にすることができます。PC音声と電話音声の両方から同じ会議に参加できますので、音声品質のトラブルを解消しスムーズな会議を進行することが可能になります。

⇒「Skype for Business用 GlobalMeet 電話会議サービス」の詳細はこちら

まとめ

2020年に開催される東京オリンピックに向けて、開会式予定日の7月24日を「テレワーク・デイ」とし、テレワークへの関心が更に高まっています。

政府が提言している「働き方改革」は、企業の経営戦略上、極めて重要だと認識されつつあります。「働き方改革」の切り札とされる「テレワーク」は、特に成長企業において導入が進んでいます。PGi も、この取り組みに賛同し、Web会議や電話会議ソリューションの提供とオンラインコラボレーションに関する豊富な経験とともに、テレワークを推進する企業をサポートしています。

テレワークの導入をお考えでしたら、ぜひPGi の電話会議サービス、Web会議サービスをご検討ください。無料トライアルでは、自宅や外出先にいながらストレスなく会議を行える環境を実感いただけます。

⇒テレワークに活用できる、PGi のWeb会議・電話会議サービスはこちら

PGi では、Web会議サービスや電話会議サービスを活用したテレワークの事例をご紹介しています。Web会議サービスや電話会議サービスの概要から具体的な活用方法まで、専門スタッフが丁寧にご説明します。お気軽にお問い合わせください。

⇒テレワークの導入事例はこちら

また、テレワークを検討されている企業のために、PGiは現在「テレワーク応援キャンペーン」を実施しています。詳しくはニュースをご覧ください。

⇒テレワーク応援キャンペーンはこちら

その他関連コラム記事はこちら

⇒「これからの企業経営を左右する?テレワークのメリットと活用事例」

⇒「成長企業は続々と導入!今、Web会議の導入が再び増加している理由とは!?」


用途に応じた製品が
見つかります

課題・目的別の
製品一覧ページはこちら

製品のカタログは
こちらからダウンロードいただけます

製品・カタログの
ダウンロードはこちら

まずはお気軽にご相談ください
 

お問い合わせはこちら

その他のWeb会議・電話会議お役立ちコラムその他のWeb会議・電話会議お役立ちコラム