【必見】知らないと損をする、Skype for Business の音声品質を改善する方法とは? | WEB会議・電話会議ならPGi

TOP > Web会議コラム一覧 > 【必見】知らないと損をする、Skype for Busi

Web会議コラム

Web会議コラム【必見】知らないと損をする、Skype for Business の音声品質を改善する方法とは?


「Skype for Business」は、簡単な操作で複数メンバーでのビデオ通話やチャットが可能であるだけでなく、250名までユーザを追加してオンラインで会議を行うこともでき、ビジネスシーンで利用する企業が増えています。しかし、Skype for Business に対しては、音声品質の問題もよく聞きます。そこで今回は、Skype for Business を利用しながらも、会議の音声品質を効率的に向上させる方法をご紹介します。

Skype for Business 利用時によくある問題

Skype for Business 利用時によくある問題

Skype for Business を利用していると、次のような問題がよく起こります。皆さまにも思い当たるところはありませんか?

・海外やインターネット接続環境の良くない会議参加者からの音声が聞き取りにくい

Skype for Business の音声接続は、「VoIP」というインターネットなどのネットワークを通じて音声通話を行う技術をベースとしています。VoIPは電話とは異なり、ネットワークへの接続環境などに大きく左右されます。このため、Skype for Business では、音声品質に問題が発生することがあります。このような問題は、特に、海外やネットワーク環境の良くない参加者とのコミュニケーション時によく起こり、ビジネスでの利用には不安が残ります。

・参加者の多い会議の際に、音声品質が悪くスムーズに進行できない

参加者が多い会議では特に、音声コミュニケーションがスムーズに行えないと、会議の進行に悪影響が出てしまいます。実際にSkype for Business を利用しているユーザからは、Skype for Business会議で参加人数が多い場合に、「相手の声が聞こえづらい」、「音声が途切れてしまう」といった声がよく聞かれます。多くの参加者が接続することでネットワークに負荷がかかり、音声品質の低下をまねくことがあるのです。また、参加者は様々なネットワーク環境から会議に参加するので、参加者によっては繋がらない、聞こえにくいなどのトラブルが発生することもあります。

以上のことから、Skype for Business では、参加者の多い会議の途中に音声品質の低下や接続トラブルによって、進行を妨げる可能性が高くなります。

・外部メンバーや外出中のメンバーとの会議が不便

顧客などの外部メンバーが Skype for Business のアカウントを持っていないと、セットアップに手間と時間がかかったり、会議そのものが行えないという場合もあります。また、外出先でPCが手元に無いメンバーと、Skype for Businessで気軽に会議が行えず不便なケースもあります。必要な時にすぐにコミュニケーションが行えないと、ビジネスチャンスを逸することにもなりかねません。

どうしたら解決できるの?

どうしたら解決できるの?

では、上に挙げたような問題を解決するには、どうすればよいのでしょうか。

一つは、電話回線で音声接続することが考えられます。電話回線を利用すれば、安定した音質で会議が可能です。つまり、Skype for Business の利用時も、電話回線を通して音声接続ができれば、音声トラブルに悩まされることがなくなります。また、Skype for Business を利用していないメンバーやPCが手元に無いメンバーでも、電話を使って簡単に会議に参加することができます。

重要な会議の場合、Skype音声(VoIP)で音声がつながりにくい時は電話音声接続に切り替えるなど、準備をしておくと安心です。そのためには、参加者それぞれの環境によって音声接続方法が選べるサービスを導入すると便利です。

例えば、PGi の「Skype for Business用 GlobalMeet 電話会議サービス」は、Skype for Business とシームレスに統合でき、Skype for Business の仕様を変更せずに、簡単にVoIPの音声と電話回線の音声を統合することができます。参加者の環境に合わせて音声の接続方法を選択し、PC音声と電話音声の両方から同じ会議に参加できますので、音声品質のトラブルを解消しスムーズな会議を進行することが可能になります。

⇒「Skype for Business用 GlobalMeet 電話会議サービス」の詳細はこちら

Skype for Business を電話会議と連携させた活用シーン

次に、Skype for Business を電話会議と連携させて利用する場合の活用シーンについて、「Skype for Business用 GlobalMeet 電話会議サービス」を例に、ご紹介したいと思います。「Skype for Business用 GlobalMeet 電話会議サービス」では、Skype for Business を利用しながらも簡単にハイブリッド音声接続ができますので、さまざまなビジネスシーンに効果的に活用することが可能です。

《活用シーン1》
「Skype for Business用 GlobalMeet 電話会議サービス」では、資料データの共有は、Skype for Businessを通じてデバイスの画面上で行い、音声通話は、Skype 音声(VoIP)と電話とを使い分けることができます。
Skype 音声が不安定な場合、電話回線を利用することで、安定した音質での会議が可能になり、会議の生産性が向上します。

《活用シーン2》
Skype for Business を利用していなくても大丈夫です。
顧客などの外部メンバーが Skype for Business のアカウントを持っていない場合であっても、電話を使って簡単に会議に参加することが可能。顧客の職場、社内だけでなく、社外からも参加することが可能になり、会議そのものが更に効果的なものになります。

《活用シーン3》
参加者の多い会議では、電話回線で安定した音声品質を確保することができます。
大人数の会議でも、品質が安定している電話回線を利用することにより、音声品質や接続の問題を解消し、スムーズに進行することが可能です。

まとめ

PGi の電話会議サービスは、世界で50,000社以上に利用されており、Skype for Business とシームレスに連携させることが可能です。既に Skype for Business を利用している場合、Skype 音声と電話音声をハイブリッドで接続し、クリアで安定した音声品質を実現できます。これにより、会議の生産性を格段に向上させることができます。

また、PGi では、「定額プラン」のほか、Skype for Business と一緒に利用しても、電話会議を利用した分だけ料金が発生する「従量制課金プラン」もご用意。利用形態に合わせて最適なプランが選択可能であり、コストを過度に気にすることなく、安心して利用することができます。

高品質な音声はもちろん、Skype for Business との連携において最適なプランをお探しの方は、豊富な実績を持つPGi にお気軽にご相談ください。これから電話会議を導入したいというお客さまには、デモもご覧いただけます。

さらに、「Skype for Business用 GlobalMeet 電話会議サービス」を14日間無料でお試しいただくことも可能です。Skype for Business をより効率的に高音質な環境で利用したいという方、この機会に一度試してみたいという方は、安定したクリアな音質をぜひご体験ください。

⇒ 料金プランの詳細、デモなどのお問い合わせはこちら

⇒ 無料トライアルのお申し込みはこちら

⇒ 関連コラムのご紹介
「Skype for Businessを使っていても電話会議が必要な理由とは?」

⇒ 関連コラムのご紹介
「ビジネスでSkype(スカイプ)やSkype for Businessを利用する時に予め気を付けておきたいこと」


用途に応じた製品が
見つかります

課題・目的別の
製品一覧ページはこちら

製品のカタログは
こちらからダウンロードいただけます

製品・カタログの
ダウンロードはこちら

まずはお気軽にご相談ください
 

お問い合わせはこちら

その他のWeb会議・電話会議お役立ちコラムその他のWeb会議・電話会議お役立ちコラム