Web会議のセキュリティにおける注意点と、押さえておきたいポイント | WEB会議・電話会議ならPGi

TOP > Web会議コラム一覧 > Web会議のセキュリティにおける注意点と、押さえておきた

Web会議コラム

Web会議コラムWeb会議のセキュリティにおける注意点と、押さえておきたいポイント


最近、Web会議を利用する企業が増えてきていますが、Web会議でも、通常の会議と同様に、秘密情報、顧客情報などがやり取りされることがあり、その取り扱いには細心の注意が必要となります。

Web会議ではインターネットを利用するので、不正アクセスなどにより自社の重要な秘密情報などが漏えいしてしまわないかと不安に思う方もいるかもしれません。

このため、Web会議サービスの導入時には、使い勝手やコストパフォーマンスが良いといったことはもちろんですが、セキュリティに関しても安心できる会議システムを選ぶ必要があります。

そこで今回は、Web会議のセキュリティにおける注意点と、セキュリティ面でぜひ押さえておきたいポイントについて、ご説明したいと思います。

Web会議とセキュリティ

Web会議とセキュリティ

Web会議におけるセキュリティ面で気をつけるべき点は、どのようなものがあるのでしょうか。考えられる代表的なものをご紹介したいと思います。

まず、Web会議システムの利用中に、第三者が不正にシステムにアクセスし、会話を盗み聞きしたり、画面上に映し出される画像や動画などを盗み見したりするリスクが考えられます。

そして、最近のWeb会議ツールには、ファイル共有機能が搭載されているものが増えています。このため、第三者にアクセスされてしまうと、会議に使用する重要な資料がダウンロードやアップロードされてしまう可能性があります。

一方、主に社員や会社の過失が元で、発生するリスクも少なくありません。 例えば、社員がPC、スマートフォン、タブレットなどの端末を紛失してしまった場合に、端末を拾得した所有者以外の他人が、不正にシステムにアクセスすることが考えられます。
また、転職などにより退職した社員のIDが、元社員自身やそれ以外の人によって、不正に利用されるということも考えられます。

セキュリティ面でも安心できるWeb会議システム

セキュリティ面でも安心できるWeb会議システム

では、企業において、Web会議を万全なセキュリティ体制で利用・運用していくには、どのような点に留意すればよいのでしょうか。Web会議システムの利用を検討されている場合や、既に利用されている場合は、その会議システムと照らし合わせて、ぜひ確認していただきたいと思います。

1. 暗号化されているか
Web会議システムを利用している間に、音声、文書、画像、動画などのデータが暗号化されているかどうかをチェックしておきましょう。データが暗号化されていれば、安全性の高い通信が可能になります。
例えば、世界で最も利用されている、PGi のWeb会議サービス「Cisco WebEx」では、 SSLやAESが使用された暗号化やPKI(公開鍵暗号方式)により、高い安全性を実現しています。また、会議の参加者には、PKI承認を提示するように要求し、アクセスを制御し、会議の機密性が向上します

2. セキュリティオプションの設定が可能か
会議システムの不正利用を防止するために、セキュリティオプションを設定することができるかどうか事前に確認しておきましょう。例えば、会議ごとにパスワードを設定し、会議の参加者は、このパスワードを入力しなければ会議にアクセスできないようにすれば、セキュリティを強化できます。このような機能を利用すれば、社外の参加者が多い場合や参加メンバーが頻繁に変わる場合などでも安心です。

3. 特定の端末・通信からのアクセス制限が可能か
接続IPアドレス指定や端末認証によるアクセス制限ができるかについても、チェックしておきたいポイントです。このようなアクセス制限に対応している会議サービスですと、高いレベルのセキュリティ環境で安心して利用することができます。
例えば10年連続国内Web会議サービスシェアNo.1の実績を誇る「V-CUBE ミーティング」でも、会議に参加できる参加者のIPアドレスを指定することができます。IPアドレスからのアクセスを制限することによって不正アクセスを防止し、より強固なセキュリティが実現可能です。

4. オンプレミスによる運用の検討
更にセキュリティを強固にしたい場合には、自社のサーバー内に会議システムを構築することができる「オンプレミス型」のサービスの導入を検討してみるとよいでしょう。自社で運用することにより、セキュリティポリシーを保持して、他者(他社)の影響を受けずに、安全な環境で会議サービスを利用することができます。
運用にあたっては、自社内のネットワーク構成を考慮して、特定のサーバーに資料などをアップしたり保存したりすることができるかを確認し、会議システムを構築する必要があります。

まとめ

Web会議では、インターネット、そして必要に応じて電話回線を利用します。これらの通信手段は、世界中の多くの人々によって利用可能なオープンな環境にあります。それだけに、第三者が、会話、画像などを盗み聞いたり見たりする余地が生まれます。このようなことから、Web会議をビジネスに利用する際には、セキュリティ対策が重要になってきます。

PGi がご提供している、「Cisco WebEx」、「V-CUBE ミーティング」などのWeb会議サービスは、十分なセキュリティ機能を備えており、安心してご利用いただけます。

PGi は、グローバルな規模での実績があり、セキュリティに関しても、豊富な知識と経験を持ち合わせています。Web会議サービスのプロフェッショナルとして、皆さまを全力でサポートします。

⇒会議サービスに関するお問い合わせは、こちらからどうぞ


用途に応じた製品が
見つかります

課題・目的別の
製品一覧ページはこちら

製品のカタログは
こちらからダウンロードいただけます

製品・カタログの
ダウンロードはこちら

まずはお気軽にご相談ください
 

お問い合わせはこちら

その他のWeb会議・電話会議お役立ちコラムその他のWeb会議・電話会議お役立ちコラム