テレワークのメリットと活用事例 | WEB会議・電話会議ならPGi

TOP > Web会議コラム一覧 > これからの企業経営を左右する?テレワークのメリットと活用

Web会議コラム

Web会議コラムこれからの企業経営を左右する?テレワークのメリットと活用事例


これからの企業経営を左右する?テレワークのメリットと活用事例

現在、各企業が続々と導入しているテレワークは、働き手と企業それぞれがメリットを受けられる勤務形態で、国でもその導入を推奨しています。しかしテレワークとは具体的にはどのようなものなのでしょうか。その概要やメリット、活用事例をご紹介します。

1.テレワークとは

テレワークとは働き方の形態の1つで、オフィスなどには出勤せず、自宅や自分の好きな場所で業務を行うスタイルです。一般的な在宅勤務と異なる点は、必ずパソコンやモバイルなどのIT機器を活用して業務を行うということです。

昨今では、「ワークライフバランス」という言葉が社会に浸透し、さまざまな働き方が求められる時代になっています。テレワークは働き方のニーズに応え、働き手も雇用主もWin-Winの関係になることを前提に、今後さらに普及が広まることが予想されています。

2.テレワークのメリット

テレワークのメリット

テレワークの導入で働き手は柔軟な働き方が可能になりますが、企業側が得られる主なメリットとしては以下の2つがあげられます。

メリット1:優秀な人材確保
これからの時代は、人口も減少の一途をたどり、優秀な人材を確保し続けることは、ビジネスの維持と拡大に必要不可欠です。しかし出産や育児、家族の介護などを理由として離職に至ってしまうことは多々あります。テレワークを働き方の1つの選択肢として準備しておけば、自宅で育児や介護をしながら働くことができるので、優秀な人材の流出を防ぐことができます。

メリット2:コスト削減
コスト削減に頭を悩ませている企業も多いでしょう。テレワークは働き手も雇用主もいかに効率的に働けるかを追求する形態です。時間や場所を選ばず効率的に仕事を行えるため無用な残業を減らし、またオフィススペース、什器や光熱費などの費用を確実に削減することが可能です。また、テレワークはパソコンやモバイル環境でデータを授受することが前提なので、情報は紙から電子データに移行し、ペーパーレスによるコスト削減も可能になります。

3.テレワークの活用事例

テレワークの活用事例

それでは次に、実際にテレワークを活用している事例を見ていきましょう。

<A社の事例>
エアコンで大きく電気代のかかる夏季期間中、週1日~5日連続でフロアごとに在宅勤務を実施
結果:フロア不使用による節電でコストカットを実現。

<B社の事例>
全社員に対し1日、半日単位でテレワーク制度を導入
結果:人材の流出を防止。6割強が制度を利用し、離職率の減少に加え結婚・出産による退職が0に。

<C社の事例>
天災による被災者や計画停電などにより出社困難となった社員が業務を行えるよう在宅勤務制度を導入
結果:天災による事業継続ができなくなる危機を回避。

このように節電などのコストカットの手段、人材流出を防ぐために選べる制度、有事に際して事業を継続させるための手段として、テレワークは幅広く活用されています。

4.総務省がテレワークを推奨 まさに追い風の普及率

今後は、さらにテレワークの活用が盛んになることが予想されています。その理由の1つは、新しい働き方であるテレワークは企業と働き手の両方にメリットがあるとして、現在国を挙げて普及率を高める動きがあるからです。

例えば総務省では、国家公務員のテレワーク制度導入について、これまで一部の職員に限っていた制度を、全職員を対象とすることに改定し、管理職から一般職員までどのポジションでも在宅で勤務することを選べるようになっています。

国だけでなく民間企業の多くも、テレワークのメリットや重要性に気付き続々と制度の導入を進めており、今後さらに普及率が高まることが予想されています。

5.Web会議システムを使ったテレワーク導入

テレワークを導入したい、という企業にとっては、どうやって労働環境を整えるかが最大のポイントです。

業務を支障なく遂行するためには、インターネット環境、データの共有、セキュリティの確保などが必須となりますが、それらの他に重要なポイントの1つに「オンラインコミュニケーション」があります。メールや電話でもコミュニケーションはとれますが、超えられない限度や効率性の問題があるからです。

オンラインコミュニケーションを可能にする方法としては、Web会議サービスの導入があります。Web会議は場所や時間を選ばず会議やコミュニケーションが取れるためテレワークに適したサービスであると言えますが、相手の顔を見ながら話し合いができたり、資料やパソコン画面の共有ができたりと、まるで相手が隣の席にいるかのような活発なコミュニケーションを取ることが可能になります。

つまりWeb会議サービスは、テレワークの利点を生かしつつ、離れた場所にいることによる支障を感じさせないコミュニケーション手段と言えます。Web会議サービスの導入からテレワークの実現を始めてみてはいかがでしょうか。

PGi では、Web会議サービスや電話会議サービスを活用したテレワークの事例や活用方法をご紹介しています。
Web会議サービスの概要から具体的な活用方法まで、専門スタッフが丁寧にお答えしますので、お気軽にお問い合わせください。


用途に応じた製品が
見つかります

課題・目的別の
製品一覧ページはこちら

製品のカタログは
こちらからダウンロードいただけます

製品・カタログの
ダウンロードはこちら

まずはお気軽にご相談ください
 

お問い合わせはこちら

その他のWeb会議・電話会議お役立ちコラムその他のWeb会議・電話会議お役立ちコラム